恋愛がうまくいく方法

究極にモテる女性は雰囲気で分かる~気品を底上げして本能から気になる女性になる~

なぜかモテる雰囲気の女性は、男性からしたら一目瞭然。

 

女性の放っているオーラからして他の女性を圧巻するのです。

男性が思ってるモテる女性と女性自身が思っているモテる女性の雰囲気が違うということを、まず頭に入れておいてください。

 

ポイント

結論からいうと、色々ありますがモテる女性の雰囲気は「地味で気品がある」ということです。

 

気品は、上品さ・高貴さ・高潔などに置き換えてもらっても構いません。

 

実は、男性は上品さから女性の色気やセクシーさを感じるのです。

他にも合わせてモテる女性の雰囲気を解説しますので、最後までぜひお読みになってくださいね。

 

注意ポイント

今回の記事では本命女性としてモテる雰囲気の解説です。

ワンナイトラブの相手としてモテる女性の雰囲気とはまったく違うのでご承知おき願います。




なぜかモテる女性の雰囲気5つを紹介します

まず、さくっと大前提をお話しておきます。

 

モテる雰囲気で核となるのは、「気品」なのですが、それは最後の一手となる希少性という部分で圧倒的にモテる雰囲気であるということです。

その他大勢の女性と差をつけるときに、男性が選びやすいので優位性として持つべき資質となってきます。

 

その前の段階ですと、男性からモテる女性の雰囲気はたくさんありまして、比較的どんな女性も意識すれば備えることが可能なレベルのものです。

 

  • 柔らかくてふんわりした癒し系の雰囲気(=男性を受け入れる雰囲気)
  • 明るく無邪気で素直な感情表現(=男性にない魅力)
  • 自然体である(=男が気を使わなくて済む)
  • 元気をもらえる(=オレの女神)
  • 気品・上品さ(=希少性・優越感を刺激)

 

気品や上品さは、もはや男性からすると一種のファンタジーレベルの処女性や希少性を醸し出すものです。

 

まずは、これは最終奥義なので「気品」の上の4つの雰囲気を抑えましょう。

詳しく解説していきます。


柔らかい雰囲気である

まず、モテる女性の雰囲気は「強くない柔らかい雰囲気である」ということです。

男性は、「強い・直線・固い」という男性性の象徴があります。

ですから男性は本能的に「穏やかで(強くない)ふんわりしていて、丸みのある」という雰囲気に惹かれるようにできています。

 

ポイント

そして、男性は基本的に「女性には近づいてはいけない」と思っています。

 

女性の皆さんはわからない感覚かもしれませんが、男性は勝手に女性は触れてはいけない存在だと思っています。

勝手に触ったらセクハラや警察を呼ばれるからです。

それに、女性側がそれを助長していまして、好きでもない男性を女性は冷たく切り捨てるように拒絶するのが基本姿勢(本能)です。

あなただって好きでもない男性からベタベタされたら、「何コイツ、キモッ」と思いますよね?

 

ですので、基本的に男性は「女性に近づいてはいけない」という心理が基本スタンスなのですね。

 

前置きが長くなりました。

まいぴ
つまり男性は「傷つきたくない」のです!!

 

ですから、柔らかい雰囲気を醸し出すことで「オレも話しかけていいのかも」「気が強くなさそうだから拒絶されないかも」「楽しく話せるかもしれない」という期待感を男性側は持つことができます。

要するに、「オレのこと受け容れてくれそうなふんわりとした女性だな~♡」という感じです。

 

この感覚は、本能的に好むということなので男性自身が理解しているわけではありません。

「癒し系ってやっぱり可愛いな~」「ふんわりしてていい感じ」くらいしか自分ではわかっていません。

 

まいぴ
女性側からしたら、「強面の怖い男性」は話しかけにくいですよね?

それと同じです。



ポジティブで素直な感情表現

モテる女性の雰囲気は「明るくポジティブで素直な感情表現」ができることです。

 

一般的にはこれが「モテオーラ」と呼ばれているとまいぴは考えます。

 

  • 感情表現を素直にすること
  • 基本的にポジティブであること
  • 感じることをうまく表現する

 

女性は「感情と感覚」の生き物です。

 

ですから、男性よりも「感じる五感に優れています」し、感情表現もとても豊かですよね。

その豊かな女性の感情表現は男性はないものですから、異性として惹かれる要素となっています。

 

 

いわゆるツンデレがモテることは現実世界ではあまりありません。

あれは単に「女性が我慢している姿・隠そうとしている姿」に萌えているのです。

 

つまり、「恥ずかしさを必死に隠そうとしてるところ」が可愛くてたまないんですね。

 

基本的にツンデレは範囲度が高いので、あなたは「素直に感情を表す」ことをした方がモテます。

ポイント

ここで大事なのは「素直」に感情を表すということです。

 

してはいけないことは以下のような感じです。

  • 嫌なことや腹が立っても我慢して後で爆発する(面倒な女だな~)
  • 自分の感情を相手視点で責める(え?意味わかんない~)
  • 嫌味を言う(言ってくれればやるのに~)

 

例えば、「彼氏が仕事で1っか月、既読スルーして寂しい」というときに、多くの女性は久しぶりに会ったデートで、なぜか機嫌が悪いという態度を示すことがあります。

 

 

これは男性からしたら「え?」となってしまいます。

 

まいぴ
本当はね!!1か月も既読スルーされるし、「私のことなんてどうでもいいのかな?」って思って寂しかったの!!

 

 

こうやって伝えられたらいいのです。

これが「素直な感情表現」です。

 

ポイント

このように「寂しい」という感情を怒りに変えて相手にぶつけずに、素直に表現できることが大事です。

 

しかし、これをできなくて「既読スルーするなんて私のことどうでもいいのかな…好きじゃないのかな」と勝手に思い込んで、相手に怒りをぶつけてしまったり、機嫌が悪くなる女性は多いのですね。

 

せっかく感情が豊なのが女性の魅力なのに、「怒り」に変えてしまってはもったいないですね。

ですから、ここでのモテる雰囲気は「素直そう」というのがポイントになってきます。

まいぴ
私、これきらーい!!私はちょっと苦手かな・・・。

 

 

こうやって言える女性のほうが、「素直で可愛い」んです。

女性からしたら「えー?ちょっとは我慢したら?」ってわがままな女性に見えてしまいますよね?

 

ポイント

男性は「キライなものを嫌い」って言える女性のことを素直で可愛い女性だと思うんですよ。

 

でも、これを男性のプライドを傷つけるように伝えるのは子どもじみています。

あなたは、大人の女性なのですから以下のように変換しましょう。

 

メモ

「私きらーい」👉「あなたが○○してくれたのは、とっても嬉しいわ!でも今度から○○してくれるともっと嬉しいな♪」

 

こんな風に素直な雰囲気で「こうしてね」と伝えれば、これは「私きらーい」ではなくて「男性へのお願い(甘える)」ことになるのですね。

まいぴ
これができる雰囲気を醸し出せ!!ということです。




自然体である

これは、男性にとってとても重要な要素ですね。

 

女性の自然な雰囲気を男性は好みます。

なぜならば、自分も気を使わなくて済むからですね。

 

これはあなたらしさという点で大事になってきます。

  • ムリして辛いことでもニコニコ笑っている(ような雰囲気)
  • 気を使っておだてられる・褒められる
  • 女性が自分らしくなくてありのままを出してくれない

 

このような雰囲気だとちょっと男性側も「重たく」感じてしまって息がつまってしまいそうになります。

 

ですから、あなたは自分らしく普段通りの自分をみせたらいいです。

メイクも男性は人工的なものを好みませんのでいつもよりも40%くらい薄めのナチュラルメイクをするといいですね。

 

元気をもらえる

モテる女性は、周りに元気を与えることができます。

これも難易度が高めといえば高めです。

 

周りの男性に元気を与えるには、自分自身が元気でエネルギーが余っていなければできないからです。

エネルギーの高め方は、まず自分で自分を満たせている女性であるということです。

男性は女性を精神的に支えていきたいとは思っています。

しかし、時には、女性に甘えたり弱さをさらけ出したいときもあります。

そこまでいかずとも、仕事で悩んだり落ち込んでいるときに、女性の笑顔や無邪気さに癒されて元気をもらえることもあります。

 

注意ポイント

アドバイスはいりませんし、真剣に心配もしなくてOKです

 

ここで、女性同士だと心配して話をきいてもらうと元気が出ますよね。

しかし、男性は逆に明るく無邪気に信じてくれて励ましてくれるくらいでいいんです。

 

まいぴ
元気な女性を見ていると、元気がもらえるな~っていう感じです。

 

 

注意ポイント

男性が落ち込んでいるときに、一緒に落ち込んでしまっては女神になれないのです。

 

ですから、彼が仕事で落ち込んでいたり、忙しくてもあなたは自分のことをして「楽しんでいる姿を見せる」くらいでちょうどいいです。

モテる女性の雰囲気を纏ったら同時進行でしたいこと

ここまでの4つの雰囲気を備えていたら、ほぼ確実に男性はあなたに好意的になるはずです。

 

そのあと以下をプラスすると、男性を「好き」(惚れさせる)にすることができます。

  • 褒める
  • 褒めたことに存在意義を持たせる
  • 彼の未来を信じて価値を与える
  • あなたがいると、私の人生は幸せで楽しいと伝える(言葉でなくてOK)
  • 彼に気づきを与える・成長させる
  • 彼の弱さ(コンプレックス)をすべて許して包み込む
  • 気品をプラスする

 

この段階で気品をプラスしてもいいのですが、最初から備えている人もいます。

男性が女性に恋愛感情を持っている場合は、勝手にすでに「女性が備えてなくても男性が希少性を感じている」場合もあります。

 

ポイント

「好きすぎて安易に触れられない・・・」「丁寧に扱わなきゃ・・!!」「オレなんかが触ってもいいなんて!!」「本当に触れてもいいの?(夢のようだ)」男性が感じる気品のイメージはこんな感じです。

 

ポイント

この女性の品格としてのふるまいなどは、自己肯定感によっても左右されやすいのでいきなりめざすのは無理があるのです。

 

この女性としての高貴さは、「希少性」につながってきます。

詳しく書くと長いので別記事に書きますね。

まとめ

今回はモテる女性の雰囲気を解説しました。

 

雰囲気ならば、練習次第で纏うことができますから、普段から意識してやってみてくださいね。

男性のモテる雰囲気についてはこちらの記事をどうぞ。

 

 

ランキング参加中です。

応援してくださると喜びます(^^♪

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

まいぴ

はじめまして。まいぴです。 元大企業研究開発職。 お金・恋愛・仕事(成功)の人生3大お悩みについて情報発信をしています。一度きりの人生でしたいことをできるようになりたい人のための「マインドセットから具体的な方法」までをナビゲーションするサイトです。

-恋愛がうまくいく方法