ブログ

【ブログ運営】テキストリンクが最強説~画像リンクよりクリックされる理由って?~

2022年11月7日

まいぴ
こんにちは、ブログ運営7か月目のまいぴです。

 

今日は、さくっとブログ運営で気づいたことを解説していきます。

 

ポイント

結論からいうと、「人は画像のカード型リンクよりもテキストリンクをクリックする」ということです



テキストリンクと画像リンクって?

気づいたことをお話する前に、テキストリンクと画像リンクの違いを書いておきます。

【電気代安くする方法】冬の体感温度を1℃上げるコツ5つ【節電ポイント】

電気代が年々高くなっていますね。 政府からの節電プログラム促進事業で節電ポイントを還元するキャンペーンがはじまっていますね。   まいぴは、ソフトバンクでんきを使っているので、エコ電気という ...

続きを見る

 

テキストリンクとは上の画像のように「自分のサイトの他の記事を画像カードスタイルで表示されてる」リンクのことです。

 

対して、テキストリンクとはお金を作る方法を【借りる以外】で9つ紹介します

のように、文字であらわされているリンクのことです。

テキストリンクは「つい押してしまう」

あるブログを読んでいたとき、そのサイトのリンクをつい押してしまうということがありました。

 

まいぴ
あれ?気になって押してしまっている・・・という自分に気づくという感じです。

そのリンクは、すべてテキストで作られていたんです。

 

そこで、そのサイトを読み進めていると「リンクはテキストリンクがいい」と書いてありました。

そうなんだ・・・と思いつつ、そのサイトは私よりも圧倒的にトラフィックがあったので、信じて(理由はわからないまま)まいぴブログも、時々テキストリンクを意識して入れていました。

 

その時点ではテキストリンクがいいという理由はわからなかったのです。

まあ、事実ベースのデータでもいいのですが、画像リンクの方がクリックされるのでは?と信じていたんですね。

 

しかし、テキストリンクにしてからはやはり「サイトの回遊率が高い」という事実に気づきました。

 

リンクを踏ませるための導線やタイミングもあるかとは思います。

しかし、今回はテキストリンクが実際に好調だということで「つい押してしまう人の心理」を分析してみます。

 

テキストリンクをつい押してしまう理由を考える

まず、理由は2つ考えられます。

 

  • 文章だと視線がそのまま溶け込む
  • テキストだと画像がないので気になって見てみたくなる

 

解説していきます。


人は視線の動きの中で「捉えたもの」しかクリックされない

広告などのマーケティングを勉強した人ならよくこのようなことを聞いたことがないでしょうか?

 

上の画像をみていただけるとわかるのですが、人の視線は左上からZを描くように視線が移動します。

実は、しっかりと読み込んでいるブログは、人は無意識に字をしっかりと目で追っています。

 

しかし、そこに急に「画像リンク」があると。

なんと、視線の動きが分断されてしまうんです!!

 

だから文字のままだとクリックされる率が高いんですよね。

はいここまで読んだあなたなら、ここの文字がしっかり見えていますよね?

 

この場合ですと、「自然に文字を読む視線に馴染んでいる」ということになるんです。

クリックされるところに注意がむいていなければ、人はクリックしません。

 

スクロールされたら、どんなにキレイな美女でも目線で認識できないと思います。

だからこそ、広告の視認ビュー(広告が目にとまった率)というのがアドセンス画面にも載っていると思います。

 

ポイント

テキストリンクだと読んでいるときに自然に目線が固定されたままになるのでクリックされる率が高い。

 

まいぴ
たぶんですが、これがまず1つ目の理由だと思います。



文字だけだと「中身が気になる?」

次は文字だけだと、シンプルに中身が気になるということです。

 

例えば、レストランのメニューを選ぶときに「文字」だけのメニュー。

まいぴ
「映像でちょっと見てみたくないですか?」

 

もっとわかりやすくいうと、お見合いでもマッチングでもいいのですが「女性とお付き合いする」としましょう。

 

そのときに、「麗華(22歳)、詩織(27歳)、陽菜(25歳)」って名前だけの情報があるとします。

 

文字だけじゃなくて、その子の画像欲しくないですか?

で、全員の名前に顔写真のリンクあったら、全員のリンク押しませんか?

 

そういうことなのです。

そこで、「麗華ちゃん、詩織ちゃん、陽菜ちゃん」の顔写真が全員載っていたとします。

そうしたら「この子はいいや」っていう好みの顔じゃない子がいたとしましょう。

 

すると、つまりイメージ先行で(つまり顔で選んで気になる子だけ押してしまう)ことになります。

サムネイルの画像だけでクリックされてしまうので、中身を知りたいという気持ちよりも「ぱっと見の感覚」で推してしまうと思うんですよ。

ブロガーは文字で人を動かすプロ

私たちはブロガーです。

まいぴ
読ませてなんぼですよね?

 

YouTubeだったら、画像で勝負している世界なので、サムネイルが表示されていたほうがクリックされるほうがいいというのもわかります。

 

しかし、なぜGoogle検索は文字なのでしょうか?

しっかりと「文字情報を伝えるのがブログ媒体」だからじゃないですかね。

 

だったら、あなたの文字をしっかりと「読ませたうえで目線を固定したまま」。

 

「あ、これ読みたい」と思わせるのがクリックされるために必要なのですね。

顔だしだと、「イメージ先行」(見た目が好き)で推されてしまう可能性が高いんです。

 

適当にサムネイルで釣っていてはクリック率はあがらないのですね。

まとめ

どうしても、画像が見えているカードサムネイル型のリンクの方が読んでもらえそうな気がします。

状況によって使い分けるのがいいと思います。

お伝えしたかったのは、思い込みで「画像リンクがよいだろう」と思っているとチャンスに気づけないということです。

(私みたいに。)

 

このような時は、人の心理を分析してみると、どちらがいいのか?はおのずとわかってきます。

いちいち考えていられないよ~って人は「人が誘導される心理テクニック」が分析された本を買うのもありです。

 


ランキング参加中です。

応援してくださると喜びます(^^♪

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

まいぴ

はじめまして。まいぴです。 元大企業研究開発職。 お金・恋愛・仕事(成功)の人生3大お悩みについて情報発信をしています。一度きりの人生でしたいことをできるようになりたい人のための「マインドセットから具体的な方法」までをナビゲーションするサイトです。

-ブログ